vio0002外国のVIO脱毛の実態は?
日本では、VIO脱毛はまだ一般的ではありませんが、アメリカをはじめ諸外国では、VIO脱毛は常識です。
インドでは、イスラム教は宗教上の問題から、14歳からあたりまえのように、VIO脱毛を始めます。
それは、そこの毛があることは不潔とみなされます。
ヒンズー教の方は、しません。
アメリカは脱毛に関する意識は高く、ワキとVIO脱毛は同等です。
日本の女性は、見える部分の脱毛熱はわかるけれど、どうしてVIO脱毛はしないの?と疑問があるようです。
欧米化の彼氏がいる方は、ズバリ指摘を受けることもあるらしいです。
日本人からしてみれば、VIO脱毛をしている方をみると、そこまでしなくてもいいんじゃない?という意見もまだ根強くあります。
公衆浴場では、VIO脱毛をしていると恥ずかしいという方も少なくありません。
諸外国のVIO脱毛の方法ですが、シェービング、ブラジリアンワックス、家庭用脱毛器を使っている人も多いようです。
Vラインの毛を残す場合は、細いI型の方が多いようです。
これは、セクシー下着から絶対にはみ出さない程度と言われています。
こうした日本とVIO脱毛発達地域では、意識の違いがあります。
諸外国のVIO脱毛は、脱毛をしていないと不潔だからと言うこともあります。
確かに、そんなに毛が必要な部位ではないのですが、なんといっても人に脱毛をしてもらうところではないと言う意識は大きいです。
ワキや顔脱毛と違い、VIO脱毛は羞恥心が先です。
外国の方が、日本の脱毛サロンで感激することがあります。
とても丁寧に優しい脱毛をしてくれるとの評判です。
なぜこんなに高度な脱毛技術を持っているのに、みんなはVIO脱毛をしないの?ということですが、そう言われると、なんとなく褒められたような気もします。
だからといって、それじゃVIO脱毛をやらなくちゃとならないのが、日本人の意識でしょうか?
それでもハイジーナ脱毛、最近はとても行う方が増えたとも言われています。
今年私もやってみよう、と思う方が毎年増えているはず。